会社設立代行更新録 平成29年10月17日 ご連絡先 03-3556-8114

 

........

 

会計事務所 求人募集

目次 LLP 有限責任事業組合

LLP有限責任事業組合 設立時契約書
LLP設立 有限責任事業組合設立 チェックリスト
LLP有限責任事業組合って何

 

LLP 有限責任事業組合設立

パススルー課税で節税
有限責任のため安心
ノウハウ・アイディア事業に最適な運営組織体

でも、どうやって作るの?
どうやって運営・経理・税金は?

 

LLP・有限責任事業組合の設立 (節税)


今、注目されているLLPこと有限責任事業組合
なぜ、注目されているかといえば、ずばり節税です。

株式会社との比較でみると、次の点が大きく異なります。

@株式会社に出資をしても、通常は株式会社が赤字でも出資者は、その赤字を使えず節税とならない。

A有限責任事業組合では、組合が赤字であればその赤字のうち自分が出資した分だけ、赤字がもらえ他の収入と相殺ができる。


実費費用・報酬料金 (LLP・有限責任事業組合の設立)

LLP有限責任事業組合を設立する場合の費用は、次のようになります。

(単位:円)
項目 金額 コメント
実費費用 60,000  登録免許税の印紙代
当事務所手数料 98,000  消費税別
合計 158,000
 

(注)特殊な組織体であるため、当事務所が完全サポート。

1ヶ月間の無料税金・会計・社会保険等のメール・電話のご相談サポート付き

単なる、設立登記は安く請け負うところが多いかと思いますが、一番重要な、内容・税金・会計の仕組みご存知ですか?

行政書士だけでなく、税理士・会計事務所も運営している当事務所だからわかります。

LLP・有限責任事業組合て何?

LLP(有限責任事業組合)は、名前のとおり組合です。
分かりやすくいうと、PTAやマンションの管理組合を想像していただくとよいかもしれません。

人の集まりで、活動がされるものです。

でも、LLP(有限責任事業組合)は、PTAやマンションの管理組合のように、民法上の組合とは、ちょっと違い民法組合の特例として、経済産業省が主体で平成17年8月1から作れるようになったものです。

まだ新しい、事業形態です。

組織の特徴として、次の3つが上げられます。

@パス・スルー課税
A有限責任
B内部自治原則

パス・スルー課税って何? (LLP・有限責任事業組合の設立)

LLP(有限責任事業組合)の特徴の1つで、パス・スルー課税があります。

これは、組合自体に税金はかけられず、組合に出資した人に利益・損失が分配され課税されるものです。

不思議な課税制度ですが、理にかなっているものです。
出資者と経営者が同じだからできる課税制度です。

株式会社では、出資者と経営者は別物ですから、会社に法人税等の税金をかけ、残った利益を株主に分配しそこでまた、出資者に税金をかけていきます。

LLP・有限責任事業組合の組合契約書 見本

組合契約書ってあまり見たことがないですよね。

本屋さんに行けばあるのですが、その契約書の分量に圧倒されまた、何が書いてあるやらチンプンカンプン。

でも、解説書片手にご理解ください。
これで事業をやっていくのですから。
最初が肝心です。

設立チェックリスト (LLP・有限責任事業組合)

当事務所でまとめた設立時のチェックリスト。
結構コンパクトに重要なところだけまとめています。
ご参考に・またお申し込み時ご記入ください。

設立後の届出 (LLP・有限責任事業組合の設立)

まず、大事なのが税務関係の届出。
忘れずにご提出ください。

後で、優遇規定が受けられなく節税になりません。

1.LLP有限責任事業組合本体について提出

税務署
・給与支払い事務所の開設届出
・源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書

2.組合員個人について届出

税務署
@個人事業の開業届出
A青色申告承認申請書(2ヶ月以内)
B減価償却資産の償却方法の届出書
C消費税課税事業者選択届出書(必要に応じる)

最低限、上記のものを提出すればよいかと思います。
書類を出さないといけないもの、出してはいけないものとがあります。
ご注意ください。

いいね!ボタン ポチッと & Twitter

皆様により良い情報を発信していきたいと思います。
いいな〜と感じたら、ポチッと「いいね!」ボタンをクリック&ツイート。

 

........